1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/08/28(月)10:22:36 ID:???
スイカ暴落、白菜・ネギは鍋物需要…東北、冷夏で青果市場に異変


 東北の太平洋側で続いた低温と長雨が、青果市場に異変をもたらして
いる。夏野菜は生育不足で入荷量が減り、スイカは売れ残って価格が
暴落した。これに対し、この時季に人気薄の白菜やネギは需要が増えて
思わぬ高値になり、夏の青果の主役が交代した形だ。収穫の秋を控え、
生産現場は対策に乗り出した。

 仙台市中央卸売市場(仙台市若林区)によると、8月以降、夏野菜
のピーマンやキュウリ、ナスが高値で取引されている。
 岩手が主要産地のピーマンは日照不足が響き、入荷量が前年の半分
程度の状況が続く。価格は1キロ当たり平均520円で、前年の約2倍。
JA岩手中央会の担当者は「天候の回復を祈るしかない」と嘆く。
 スイカは、秋田や山形などヤマセの影響を受けにくい日本海側に産地
が多い。入荷量は十分だったが、低温で売れ行きが低迷した。

2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/28(月)12:16:18 ID:jmA
そういや、今年はスイカ食べてないな。
忘れてたな。

3: 名無しさん@おーぷん 2017/08/28(月)12:19:44 ID:Y3F
俺も忘れてた
買って帰るか

ホーム・ガーデン・DIYグッズなら格安!(*海外サイト)