1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/10/21(土)19:39:49 ID:???
振込手数料引き上げ 東北の地銀で相次ぐ 岩手銀も

 岩手銀行は2018年1月から窓口やATMでの振込手数料を引き
上げる。「サービスの維持・向上のため」としており、上げ幅は
108~432円。消費税増税に合わせた改定以外では初めてとみられる。
東北では昨秋以降、手数料を改定する地銀が相次いでおり、個人の
負担がじわりと増えそうだ。

 改定の内容はカードの発行主体や振込先、振込額で細かく設定
している。同行のATMは約500台。このほかコンビニエンスストア
のATMも対象となる。

(略)

 東北の地銀では振込手数料の引き上げが相次いでいる。東邦銀行
が2016年10月、手数料改定の先駆けとなり、同じ福島県の大東、
福島両銀行が続いた。今秋には9月に七十七銀行、10月に山形銀行が
引き上げた。12月には荘内銀行が予定する。

 日銀のマイナス金利政策で銀行収益は厳しさを増している。岩手銀
は「今回の手数料改定とマイナス金利は一切関係がない」と説明
するが、ATMの運営にも巨額の費用がかかり、低額でサービスを
続けるのは難しい環境にある。今後も同様の動きがありそうだ。

3: 名無しさん@おーぷん 2017/10/21(土)20:27:06 ID:VMu
何で日銀のマイナス金利政策だと
銀行が厳しくなるの?
銀行は日銀から国債買って利息で食ってかないで
国内にお金貸して生活しろよ。
単なる集金業者だろ。

4: ケサラン◆6c3T18WtTLBI 2017/10/21(土)20:33:19 ID:BJz
>>3
貸し倒れ回避の受け皿だったのですよん

ノンバンクの締め付けが厳しくなった反面
銀行の無審査カードローン増加による爆弾も
破裂寸前だったりするようですけどね