生活

    1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/19(木)10:57:51 ID:uzt
    「週刊文春」誌上で展開した「中国猛毒食品」キャンペーンは、読者から大きな反響を呼びました。取材班の一人だった徳山大樹記者が
    近著 『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』 (奥野修司氏との共著、講談社文庫)で書ききれなかった「潜入取材」の内実を、
    衝撃的な写真とともに明かします。
     事務所から外へ出ると、隣接する加工場の扉が開いていたので“見学”させてもらうことにした。工場内は広く、敷地の中央に縦が約10m、
    横が約2m、深さ4m弱の発酵槽が2つあった。他にも小さな発酵槽がいくつかある。

     写真はニンニクやしょうがを塩につけて一次発酵させているものだが、見る限りどれがニンニクで、どれがしょうがなのか判然としなかった。
    しょうがは、中国産野菜の中で、最も輸入量が多い。貿易統計を見ると、2015年の中国産しょうがの輸入量は約2万トンだ。
    安価な回転寿司店や海鮮系の居酒屋などで、無料で提供される「ガリ」は、中国産しょうがで作られていると考えたほうがいいだろう。

     発酵槽の側で、初老の女性が2人働いていた。作業着は着ておらず、Tシャツにサンダル姿の女性もいた。
    聞くと、発酵させたニンニクの皮をむいて洗う作業をしているという。
     なんと、ニンニクは地べたに積まれ、汚れたプラスチック容器にスコップで入れられていた。

     別の発酵槽らしきものを覗くと、泥水のような茶色い液体に浸った多数の白い袋が見えた。どう見ても泥水にゴミ袋を
    放り投げたようにしか見えず、老女に尋ねてみた。
    「おばさん、この槽はゴミ置き場なの?」
    「ゴミじゃないよ! ニンジンを漬けているのよ! それは泥水じゃなくて塩水だよ。もう何年も取り替えていないからそんな色なのよ。
    このあたりの伝統の漬け方なの」
     老女はそう笑ったが、にわかに信じられなかった。写真だと一目瞭然だが、誰がこれを見てニンジンの漬物だとわかるだろうか。
    同行していた中国人運転手が「これはゴミだよ。いつもこんなものを食べさせられていたのか」と絶句していた。

     よく見ると、袋は工業製品が入っていた麻袋を使いまわしたものだ。泥水はわずかに赤味を帯びており、ニンジンの色素が溶け出していた。
     青菜やニンジンの漬物は、安価な飲食チェーン店では、無料の付け合せで出されることが多い。弁当チェーンやスーパーの弁当に入っている
    漬物も同様だ。国産と謳っていない限りは、そういった漬物の類は中国産の可能性が高いことを知っておいていただきたい。

    【【中国食品】 週刊文春記者が見た! 危険すぎる中国産食品】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)21:44:03 ID:6SV
    食器洗い乾燥機5万
    冷蔵庫15万
    乾燥機つき洗濯機30万


    なかなかいいお値段ですね(吐血
    貧乏一人暮らしを続けてきたワイには衝撃的な値段

    【生活のレベル上げようと思って家電コーナー見てきた結果wwwwwww】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=13,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/17(火)09:07:02 ID:???
     女子高生らによる接客を売りにしたJKビジネス店で18歳未満の少女を働かせたとして、
    警視庁少年育成課は、JKビジネスを規制する東京都条例違反の疑いで、経営者の田中豊容疑者(27)=住所不定=を逮捕した。
    条例はJKビジネスの規制に特化する内容で、7月から全国に先駆けて施行。少年育成課によると摘発は初めて。

     少年育成課によると、田中容疑者は営業所を設けない無店舗型の店を経営。東京・池袋で男性客に少女と一緒に散歩するなどの
    サービスを提供していた。「お散歩目的で少女を派遣していたことに間違いありません」と容疑を認めている。

    【【JKビジネス】 初摘発 都条例違反容疑で経営者逮捕】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/10/18(水)09:03:51 ID:???
    「スマホ老眼」若者に急増 目の酷使で調節機能低下

     まだ20代、30代なのに「手元が見づらい」「ぼやける」といった
    老眼のような症状を訴える人が増えている。スマートフォンを長時間
    使うなどして目を酷使することにより、一時的に目のピント調節機能が
    衰える「スマホ老眼」と呼ばれる症状だ。専門家は「重症化すると
    日常生活に支障を来す恐れがある。早めにケアを」と呼び掛けている。
    (小中寿美)

     調節緊張の患者はパソコンが普及した際にも増えたが「スマホの
    方が事態は深刻。文字が小さく、近い距離で見るため目にかかる負担
    は大きい」と指摘する。混雑した電車内では、顔のすぐ近くで画面
    を凝視している人も少なくない。

     すぐにできる対策は、定期的に目を休めて遠くを見ること。目安は
    十分に一回で、四~五メートル先を見る。目を温めて血行を良くし、
    毛様体筋の緊張をほぐすことも有効だ。温めるのは就寝前がよいという。

    【「スマホ老眼」若者に急増 目の酷使で調節機能低下】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/10/16(月)19:34:33 ID:???
    アルコール依存症治療、大塚製薬が「減酒」新薬 アプリで禁煙カウンセリングも
     飲酒やたばこなど成功率が低い依存症の治療を変える新たな手法
    が登場しそうだ。大塚製薬は年内にアルコール依存症治療薬の製造
    販売承認を申請する。断酒ではなく欧米で普及する減酒治療を目的
    とした日本初の新薬となる。キュア・アップ(東京・中央)は在宅
    での禁煙アプリで2019年にも初の保険申請を目指す。患者の苦痛を
    減らし、無理なく依存から脱却する治療を後押しする。

    【アルコール依存症治療、大塚製薬が「減酒」新薬】の続きを読む

    1: ◆dy5OJynnfTQj 2017/10/06(金)22:00:41 ID:t3j
     6日午前6時25分ごろ、栃木県さくら市草川の住宅にシカが侵入し、この家の男性(39)から110番通報があった。

     県警さくら署によると、2階で寝ていた男性が「ガシャン」という音を聞き、1階に下りると、リビングなど室内でぐるぐると暴れ回っているシカを発見。体高1メートル、角を含めた高さは1・7メートルくらいとみられる。
     シカは縦2メートル、横80センチのガラスの掃き出し窓を突き破って侵入したらしく、外に出ようとしてもう1枚の窓にぶつかって出血。
     その後、破れた窓から家の外に出ていったという。

    【【鹿】シカ、窓突き破り住宅侵入、室内で暴れ 栃木・さくら】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/02(月)10:07:12 ID:???
    今後、人差し指の重要度が増すかもしれない。なぜなら、Amazonの「1-Click 注文」システムの特許の期限が切れたからだ。
    この特許をAmazonは、1999年に取得している。これがどれだけ魅力的でも、競合となるリテーラーたちは、
    特許使用料を払わずには使えなかったが、今後はそれが増えていくかもしれない。

    「1-Clickで今すぐ買う」ボタンを使えば消費者は、配送や支払いの情報をいちいち入力する必要もなく、素早く商品の注文ができる。

    このシステムはAmazonの支払いプロセスにおいて非常に大きな要素となってきた。オンラインでの精算に留まらず、
    物理的なボタンを自宅やオフィスに設置して、それを押すだけで商品を注文できるAmazon Dash Button
    (アマゾン ダッシュ ボタン)といったデバイスにも発展した。
    また、音声アシスタントのEcho(エコー)では音声コマンドだけで商品の注文ができる。

    この特許をAmazonは頑なに守ってきた。書店大手のバーンズ・アンド・ノーブル(Barnes&Noble)が90年代後半に類似の
    テクノロジーを実施し、Appleといった企業にライセンス提供したときには訴訟を起こしている。(中略)

    「1-Click 注文」の威力
    オンライン注文における大きな問題のひとつに「カゴ落ち」がある。商品を選んでも精算せずに、そのまま「買い物カゴ」に
    入れられたまま放置されてしまうというものだ。
    これはモバイル、デスクトップ、どちらにおいてもリテーラーにとって大きな収益の損失源となっている。
    「1-Clickで今すぐ買う」ボタンは、この大きな問題を解決してくれるのだ。今年行われた多くの研究によると、
    「カゴ落ち」率は平均して70%となっている。

    「1-Click 注文」がAmazonにどれほどの収益をもたらしているのかは不明だが、ある推測結果によると、
    これによってAmazonの売上は5%増加されているとのことだ。これは年間にして24億ドル(約2677億円)の価値があることになる。

    【一時代の終焉:Amazon「1-Click 注文」の特許が失効】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/09/23(土)21:00:47 ID:???
    ゆりかご10年、2割が施設 家庭的養育へ、橋渡し課題

     親が育てられない子どもを匿名で預け入れる慈恵病院(熊本市)
    の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の運用開始から
    10年で、預けられた130人のうち28人が、里親や特別養子縁組では
    なく、乳児院や児童養護施設といった施設で養育されていることが
    23日、市専門部会(会長・山県文治関西大教授)が公表した検証
    報告書で分かった。

    【赤ちゃんポスト10年、2割が施設 家庭的養育へ、橋渡し課題】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=9,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/21(木)11:15:18 ID:???
     ひとたび事故を起こせば、多数の乗客の命が危険に晒される。
    それだけに飛行機には日々、入念な点検・整備が行なわれており、とりわけ日本のエアラインは高い安全性で世界的に評価されてきた。
    だが、JAL機エンジン火災事故を取材する過程で、重大な懸念が浮上した。

    〈高い運賃を払って日本の航空会社を利用するのは、“安心”を買っているようなもの〉──こうした評価が成立してきたのは、
    日本人による丁寧なメンテナンス、いわゆる“日本品質”への信頼があったからだ。

     その信頼に疑問を生じさせているのが、9月5日のJAL機エンジン火災事故である。
    午前11時過ぎに羽田空港を離陸したニューヨーク行きのJAL6便は、2つある主翼エンジンの1つから突如、
    出火し、約1時間後に羽田に緊急着陸を余儀なくされた。

     離陸の際、乗客が感じたのは5回の「ガーン」という轟音と何かに乗り上げたような衝撃。エンジン内部では、タービンにある
    222枚もの羽根が破損していた。国土交通省の担当記者が振り返る。

    「国土交通省は翌日、《発動機の破損に準じる事態》として重大インシデントに認定しました。つまりは乗員・乗客248人とともに
    『墜落の危機にあった』といっているに等しい」

     当該のボーイング777型機に取り付けられていた巨大エンジンは米GE製。国交省は現在、米国の調査機関と連携しながら
    原因究明を進めている。

     専門家の間でも「エンジンの製造不良」や「整備不良」など様々な可能性が指摘されている。そうしたなかで気がかりとなったのが、
    「日本の航空会社は中国の下請け企業に整備を任せている」──という情報があったことである。調べを進めると、確かにその通りだった。

    【 JAL機体の3割は「中国の工場」で整備されていた】の続きを読む

    このページのトップヘ